インプラントと入れ歯の違い

インプラント治療も万能ではなく、基本的には多様な事情から、他の治療が受けられない患者さんに最適な治療方法になるのです。
クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの訳でインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。
インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食べ応えがあるので、ご飯が確実に美味しくなります。
一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。
義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。
インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。
インターネットのレビューなども参考になるのです。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着指せ、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。重度の虫歯になってしまい、とうとう抜歯を迫られました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリット(日本語では利点で、反対語はデメリットです)とデメリット(日本語では利点で、反対語はデメリットです)を説明されてインプラント治療に決めました。
自費診療なので、結構の額になるのですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かっ立と実感していますよね。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思いますよね。
実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定出来るのです。
ただし、おおよそ相場は決まっていますよね。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診て貰うことが、インプラント維持のために必要です。インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。インプラント治療を希望する代表例として、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。
たとえば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると願望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。